のぼりの宣伝効果とは

眼振を理解するのが最初の一歩

のぼりのデザイン
のぼり旗のデザインを考えるときに忘れてはいけないのが、眼振について考えることです。
眼振について考えることを忘れると、人々に興味を持ってもらいにくい内容になってしまうかもしれません。

そもそも眼振というのは、眼球振盪の略で眼球の動きのことを指す言葉です。
実は人の眼球の動きには規則性が存在していて、さらに周期性があります。

目の動きを利用

これらの動き方は人が意識して行われるわけではなく、無意識に実行しています。
そのため無意識の眼球の動きに合わせたのぼり旗を作ることで、
興味を持ってもらいやすいデザインを考えることにつながります。

実際の眼球が動く方向としては、水平方向・垂直方向・回施性の3種類に分けられます。

1つずつの特徴を理解することで、どのようなのぼり旗にすれば、
人々に興味を持ってもらいやすいデザインなのか考えていくことにつながります。

いくつかの眼球の動きのパターンがあるので、どのような動きに合わせてのぼり旗を作っていくかというのもポイントの1つです。
まずは動きのパターンを把握したうえで、状況に合わせてどのようなデザインが適しているのか考えていきましょう。
効果を考えて決めるというのもポイントの1つです。

情報の伝え方を知ることが大切

のぼり旗のデザインを考えるとき、眼振を知ったうえでどのように情報を伝えるかがポイントになってきます。
情報の伝え方を誤ると、アピールしたい内容が伝わらなくなってしまいます。のぼりで伝える内容

宣伝のためにのぼり旗を作ったのにも関わらず、内容が伝わらなければ製作した意味がなくなってしまいます。
そこで正しい情報の伝え方を知るところから始めるようにしましょう。

例えばのぼり旗のデザインを決めるとき、シンプルに考えることも大切です。
宣伝するときには、多くの内容を伝えようと考えてしまう方もいます。しかし多くの文字情報が記載されているのぼり旗だと、
眼球の動きで追うのに時間がかかるため見てもらいにくくなります。

そこでシンプルな内容にすることで、短い時間でも読んでもらえて興味を持ってもらえる可能性を高められます。

のぼり旗をどのようなものにしたら効果が高いか知るために、実例を参考にするのも1つの手です。
実際にどのような旗のデザインなら効果が高いのかなどの例を参考にしながら、状況に合った情報の伝え方を決めることが大切です。

デザインは文字の大きさだけではなく、背景や全体の色の配置など総合的に考えることも忘れないようにしましょう。