のぼりの宣伝効果とは

和食系の飲食店の雰囲気を上げる

のぼりのデザイン
街で飲食店を探すときに大きな目印となるのがのぼり旗です。
その1枚で何系のお店なのか、何が売りなのかが一目でわかり
和食系の飲食店には必要不可欠なものとなっています。

美味しい料理

飲食店が乱立している場所によっては、そののぼり旗で
客層や来店数が大きく変わるといっても過言ではないでしょう。

せっかく設置するならセンスの良いものを探したい・作成したいと思っていても
飲食店経営は忙しくてなかなかその時間が取れないのが現実です。

そこで通販で理想ののぼり旗を注文してみるのはいかがでしょう。

インターネットでの注文なら実際ののぼり旗のイメージが目で確かめることができ、
価格もはっきりしているので安心です。

「和食・寿司・海産・居酒屋・お酒」の一番アピールしたいもの、または
複数を選んでのぼり旗にすることで、遠くからでもそれを見て
興味を持ったお客さんが覗きに来ます。

和食のお店

通販だと他所のお店と同じものになるのでは?というご心配もあるかもしれません。
そこで背景や文字色の変更も可能となっていますから、個性を出したり
お店の雰囲気に合ったのぼり旗を設置することができます。

お店の雰囲気づくりに重要な役割を担うのぼり旗を
個性とセンスにこだわって作ってみてはいかがでしょうか。

八坂神社の祇園祭の別名:幟(のぼり)祭りの歴史

町の中心部に鎮座する茨城県守谷市の八坂神社は、806年の創建と伝えられ、約1300年の歴史があります。
7月の最終土曜日に行われる祇園祭は、北総三大祇園祭ともいわれ、約5万人以上の参拝者が訪れます。

この祇園祭の別名、幟祭りでは、他の神社にはない17本の幟を氏子地域に立てますが
この幟は神様を呼び寄せる依代として、またはその姿を弓にみたて魔を祓う意味で立てるという説もあります。

幟には様々な言葉が書かれており、例えば、八坂神社に祀られる御祭神「鎮守素戔鳴尊(スサノオノミコト)」は
厄除け・病気除けの神として知られ、遅くても江戸時代(1744年)には幟祭りが行われています。

1823年から1980年までは、旧暦6月11日から15日までが祭りでしたが、1981年からは
毎年7月最終土曜日を本祭とし、火曜~土曜までの5日間に改められます。

祭りでは、各町内の氏子から選ばれた24人が、交代なしで約6時間かけて約800kg以上の神輿を担いで回ります。