のぼりの宣伝効果とは

クルマ屋さんののぼりは高級感を持たせたデザイン

のぼりのデザイン
無料査定近年、クルマ屋さんは色々な種類のお店が増えました。

例えば中古車をあつかうクルマ屋や、家族向けや単身者向けの車を扱うお店、
それから、同じ会社の中でも高級ラインのクルマを扱うお店なども増えました。

このように様々なクルマ屋さんがありますが、その色々な特色をイメージづけするのに
役立つアイテムがのぼりです。

特にクルマ屋さんは大きな道路沿いに並んでいる事が多いですが、
それは車に乗っている人達への広告にもなっています。

のぼりは風にゆられるため、人目にもつきやすく、視界にも入りやすい効果があります。


また、お店の高級感を印象づけるためには、のぼりのデザインを
高級感溢れるものにすると良いです。

周辺のアイテムなども全て高級感を出して統一感を出すことで、
よりお店の方向性やテーマを消費者へ伝えることができます。
このようにのぼりは消費者へお店のコンセプトなどを伝える大切な役割を果たしています。

また、広告としてのツールにもなっています。

何もない状態にしておくのと、簡単なことでものぼり旗で
何かしらアピールをするのでは、通る人が受ける印象も
大きく変わるものなのです。

のぼりにも基本形があった!由来と効果をおさらい

お店の存在を知らせてくれるのぼりというと、近年になって作られたというイメージがあるかもしれません。
しかし実際にはその歴史は古く、由来となるのぼりが作られたのは平安時代にまでさかのぼります。車検

当時の日本では武士たちによる合戦が多く行われており、敵味方入り乱れて乱戦になるケースも多々ありました。
そうした状況では敵と味方を識別するのが難しく、それを解消する目的で、長方形の布の短い辺を
木にくくりつけた「流れ旗」というものが作られました。

カラフルな配色や大きく描かれた家紋は遠くからの視認性にも優れており、縦長で人の注目を集める効果もあります。
まさしく現代ののぼりが持つ特徴を、平安時代の時点ですでに備えていたことになります。

現代ののぼりはそうした特徴を活かし、お店や企業の場所を知らせる役割を持っています。
道路沿いのお店は遠くからでは目立たず通り過ぎてしまうこともよくありますが、
のぼりを設置しておくだけで来店者数を増やす効果が期待できます。

広告媒体として受け継がれていくのぼり旗

車好きな人も多いですので、通る度についつい見てしまうという
方も多いでしょうし、そういったときには必ずのぼり旗も
チェックしているはずです。

単純な宣伝ツールではなく、意識的に良い効果を生み出すのが
のぼり旗のメリットとも言えるでしょう。