のぼりの宣伝効果とは

お店の改装よりも店頭にオーダーのぼりを置く工夫

のぼりのデザイン
お店の集客効果をもっと上げたいと思うなら、既存のお店を改装するというのも
一つの方法ですが、それよりも効果的な方法があります。

それは、店頭にオーダーのぼりを設置するよう工夫してみるということです。

実際、お店の改装を行なって店内が一層魅力にあふれたものになったとしても、
多くの人にそれが一体どんなお店なのかを知ってもらわなければより多くの集客は望めないでしょう。

興味深いことに、人々が来店するきっかけの多くが、通りがかりに目に入ったというものであると言われています。
ここに、店頭にオーダーのぼりを設置するべき重要な理由があると言えるのです。

設置の理由

つまり、通りかかった人が是非入ってみたいと思えるようなお店にする必要があり、
そのためには大がかりな改装でなくても店頭のちょっとした工夫で十分であるということです。

実際、店頭に風になびくのぼりを設置すれば、そこを通る通行人の視界に無意識のうちに飛び込んできます。

また、お店の前をいつも通っている人にとってはそれを何度も見ることになるため、
必要が生じた時により思い出しやすくなり、入ってみようと思うことでしょう。

思い出しやすい

その際、既存のものよりもオーダーのものが断然良いと言えますが、その理由は、
オーダーのものであればお店の雰囲気にぴったり合ったものに製作できるからです。

特に、デザインや色などでお店との統一感を出すことができるため、お店のイメージを
より一層アピールできるものに仕上がり集客効果を期待することができるでしょう。

ファッションが仕立てから既製服化した背景とは

20世紀初頭に大量生産という概念が生じて以来、合理的な生産方式によって労働を単純化し、製品が大量に出回るようになって、
一般人にも様々な製品が手に入るような世の中になりました。

ファッションの工業化も同じように、19世紀前半にミシンが発明されたことで加速されました。1920年代には既製服が生産されて
店舗で販売されるようになったのです。 こういった大量生産による消費社会の中では、定期的なモデルチェンジが行われ、どんどんと
古いものを捨てて新しいものを購入していくというスタイルが生じました。

こうやって次々と新製品を売り出していくために、製品の機能性だけでなくデザイン性も重視され、あらたな流行を創り出すことに
よって購買意欲を刺激していく必要があるということなのです。

ファッション業界だけに限らず、これはどのような工業製品においても同様のモデルであり、モデルチェンジ、新しいデザインの開発、
パッケージの改良などが定期的に行われるようになっているのです。

現在では、こういった新しいモデルが発売された際には、目に付くような目立つのぼりを利用してより多くの人にそれを周知して、
人々の購買意欲を高めているというわけです。