のぼりの宣伝効果とは

写真館では七五三の撮影をのぼりでアピール

のぼりのデザイン
最近、色々なところで見かけるのが、写真館の広告です。
そして、特に子供向けの施設は広告に力を入れています。子供のための

特に節目の行事になる七五三などでは可愛い子どもの姿を撮影する為に、
親はどの写真館で撮影するかをよく検討しています。

このような時こそ、七五三の撮影のキャンペーンや他の写真館よりも
お得であるという点をアピールする事が必要です。

これらは、例えば新聞などのちらしなどでアピールすることもできますが、のぼりなどでも広告として、
消費者へアピールすることもできます。

のぼりに七五三の撮影などのことを印刷することで、より広告として強い効果があります。

また、何も知らない人が七五三ののぼりを見る事で、写真館のキャンペーンなどを
より強くアピールすることができます。

楽しそうのぼりは広告かわりに使うこともできますし、消費者へ商品の特徴や良さを伝えることができます。
このように自社の製品を消費者へ伝える方法はいろいろありますが、より効果的な宣伝方法を選ぶ事が大切です。

特に写真館としてのぼり旗を掲げるのであれば、綺麗な写真を
活かしてデザインを考えるというのも効果的ではないでしょうか。

デザイン次第で、「良い写真を撮ってくれそう」という印象を与え
七五三の機会にはここにお願いしよう、と思ってもらえるかもしれません。

写真をのぼり旗に入れる際には注意点もいくつかありますので、
業者にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

こいのぼりをこどもの日に掲げるのはなぜ?由来と祈願の内容

5月5日は端午の節句で、小さな男の子がいる家庭ではこいのぼりを掲げてお祝いする人が多いです。
元々この風習は武家社会において、将軍家に男の子が生まれると、武家旗指物という
のぼりや旗などの旗指物を掲げてお祝いする風習があったことが起源と言われています。

旗指物は、戦場での目印や士気高揚のために使われるものですが、武運祈願と虫干しを兼ねて飾られるようになりました。
当時は家紋を染めた旗指物が使用されていましたが、子供の幸せを願って武者絵などが描かれた
「武者のぼり」が徐々に浸透し、江戸時代中期になると武者絵から立身出世を祈願して、鯉の滝登りの図柄に変化していきます。

明治時代になると、現在のような立体型が主流になりましたが、当時は黒の真鯉だけで
後になって緋鯉や吹き流しなどが加わるようになります。

現在では、男の子が生まれた感謝の気持ちを先祖や神様に伝えると共に、
子供の無事や健やかな成長を祈願してこいのぼりをこどもの日に掲げています。